WealthPark研究所について

 


主な活動

すべての人が投資を正しく理解し新しい扉をひらけるよう、様々な啓発活動を行っています。取材等のご依頼はpr@wealth-park.comまでお問合せください。

・お金と投資の教育プログラムの提供(講演・ワークショップ)

・各種セミナーへの登壇

・独自記事によるオウンドメディアの運営(日本語/英語/中国語)

・ホワイトペーパー(白書)の刊行

・コラムの寄稿、書籍の執筆

・マスメディアでの活動

・社会貢献活動(学生向けワークショップ等)

・業界団体への参加


メンバー

代表 / 投資のエバンジェリスト*
加藤 航介(かとう こうすけ)

*エバンジェリスト:新しい考え方などを世間に広く分かりやすく説明する伝道者のこと

東京海上、インベスコ(S&P500のメンバー企業)グループの投資会社において、世界株式のファンドマネージャー、投資啓発などの要職を歴任。英国・米国に約10年滞在し、世界30ヵ国での投資実務を経験、欧州富裕層を中心とした数千億円規模の資金の運用に従事する。

投資の本質を追求したく、ウォーレン・バフェット氏が学んだ米国コロンビア大学MBA(経営学修士)を修了。米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト試験に合格。TOEIC985点。英国ケンブリッジ大学 Executive Program(GMCA) 在籍中。一般社団法人 投資信託協会「すべての人に世界の成長を届ける研究会」客員研究員。渋谷教育学園渋谷中学高等学校のお金と投資の専属講師。大学時代はイリノイ州立大学とマンハッタン・カレッジで経営学並びに国際関係学、東京農業大学醸造学科で日本酒造りを学ぶ。

趣味はテニス(ベテラン日本ランキング71位)、旅行、公園巡り。辛口の日本酒好き。二児の父であり、数年後には家族でのカナダへの教育一時移住を計画中。

新聞、テレビ、各種メディアへの寄稿、学校講演などの活動多数。著書はアマゾンレビュー1000超え、Kindle版では日本の全書籍内におけるベストセラー1位を獲得。現在は、多様な資産より投資の本質を捉える新書籍を執筆中。個人のNOTEブログはこちら

「実体験が大切、自分とアドバイスの聞き手は同じ船に乗る」との考えから、個人の資産運用においても豊富な実体験を持つ。国内外の様々な金融資産(オフショア口座含む)、10件超の不動産資産の運用(一棟・区分・海外)、社会福祉事業や寄付・ボランティア活動への参画、同族会社の事業承継や相続、パッション・アセット(未公開株・アート・ワイン・木材・発電所など)への投資などを幅広く経験。すべての人に「投資って、本当に素晴らしい」ことを伝えたい。

所員 / 投資のエバンジェリスト
飯田 明(いいだ めい)

大手渉外法律事務所のファイナンス・パラリーガルとして働いた後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS University of London)にて食の文化人類学(Food of Anthropology)の修士号を取得。帰国後は、米国サンフランシスコのIT起業家が創業したクラフトチョコレートのスタートアップに入社。日本進出時から関わり、人事とブランディングを兼任するコミュニケーション・ディレクターを務める。

フリーランスへ転身後は、コミュニティ・ビルディングを軸としながら、国内外のファインダイニングイベントや飲食店開発のプロジェクトマネジメント、ドイツ・ベルリン発のアグリテックスタートアップのマーケティング等、様々なプロジェクトに携わる。一方、自分らしいキャリア形成に邁進してきたものの、お金については目を瞑ってきたことに不安を抱き始める。

加藤との出会いから自身の投資の新しい扉がひらき、人生をより自分でデザインできるようになった感覚を得たことにより、このような体験をもっと多くの人に届けたいという想いを持ち、WealthPark研究所に参画。

JSAワインエキスパートおよびCPAチーズ・プロフェッショナルを取得しており、自宅で酒屋業も営むほどのワイン好き。2023年、青山学院大学にてワークショップデザイナープログラムを修了。趣味は旅行(これまで訪れた国は30ヵ国以上)、料理、音楽、建築巡り等。


WealthPark研究所では、以下のような教育プログラム(講演・ワークショップ)を提供しております。
ご興味のある方、ご依頼されたい方は、pr@wealth-park.comまでお問合せください。

対象:お金や投資の知識が乏しい人から、かなりの知識をお持ちの方まで、人と社会とお金の結びつきの新しい気づきを得られるオリジナルのプログラムです。

2024年2月現在

<社会とお金の教養 ~ワークショップ形式~ 各1~5時間程度

1. お金で見る!世界の中の日本~80億人と共に生きよう~
グローバル化する日本と世界。21世紀を豊かに生きるための、現代にある投資イノベーションの利用を学びます。

2. もしも投資がない国に生まれたら 〜自分、お金、社会の本当が分かる~
複数のボードゲームを通じて、民から民への投資の大切さを、国際的な視野を踏まえて学びます。

3. ブロックワークを通して投資を考えてみよう
多くの方が投資を身近に感じられないのは何故か。個々人の中にある深層心理をブロックワークにより引き出します。

<社会とお金の教養 ~講義形式~ 各60~90分程度

4. 社会を豊かにする投資
働く、選挙、納税に次ぐ「投資」というお金の社会参加の大切について、国際的な視点から学びます。

5. 日本人が進むべき資産運用
日本の強みと弱み、人的資産の金額と分散の把握より、世界に向けて投資をする大切さを学びます。

6. お金と資産運用、2万年の歴史
農耕社会と不動産、産業革命と株式会社、取引所から仮想通貨まで資産運用のイノベーションの歴史を学びます。

7. 長期のマクロ経済から2024年を知る
過去100年の景気循環を大きな視点で振り返りながら、現在の資産価格の位置取りと今後を考えます。

8. 価格が分かれば世界が見える
モノ・サービス、給料、事業(株式)、不動産、為替など、我々の身近にある価値と価格の決まり方について学びます。

9.知られざるパッション・アセット投資の世界
ワイン、アート、クラシックカー、木材など、様々なパッションアセットの社会的な役割について学びます。

10. 社会から応援を受けとるマインドセット(人的資本・借金・起業と向き合う)
自己投資と奨学金、持ち家への借入、事業への資金調達からIPOまで、信用を活用した主体的な人生について学びます。

11. 自分の鎖国バイアスに向き合ってみよう
外国製品を買う、外国で学ぶ、外資系企業で働く、外国の株や不動産へ投資をするなどのアウトバウンド。そして外国からの旅行、投資、人材の流入などインバウンドにまつわる、日本人としての心の葛藤を理解します。

12. 10年後の個人投資家が見ている世界
テクノロジーの進歩により、個人投資家が体験するであろう純資産ベース、全資産クラスの横比較、ゴールベースについて考えます。

13. やっと分かった!投資ビジネスの免許(準備中)
金商法、貸金法、仲介業、宅建、不特法、特例業務、古物商など、投資ビジネスにおける複雑な免許制度を理解します。


過去の主な活動実績

日本経済新聞 「発想の転換~お金を社会参加させる~」個別インタビュー

日経CNBC 「不動産投資を考える」など

ニッキン投信情報 「日本における資産運用のWHYを見つめ直す」(連載)

東洋経済オンラインへのコラム寄稿

MIPIM NYC 2022 講演 (世界最大の不動産テクノロジーイベント)

渋谷教育学園渋谷中学高等学校 お金と投資の専属講師

渋谷区立松濤中学校 講師

NPO法人アイセック 慶応義塾大学委員会 講師

資産運用EXPO 「福祉施設の社会的役割について」

OECD/金融庁主催 Global Money Weekにおけるワークショップ開催

一般社団法人 MissSAKE グランプリ候補者へのお金と投資の授業(2024年予定)

※その他、一般企業向けの活動多数